伊平屋村近郊で介護職員初任者研修講座をお探しならまずは資料請求
スクーリグや通信講座で伊平屋村周辺で介護を学んで
介護業界にデビュー

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)の講座

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)をとろう!

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)は介護の仕事を
始めたい方が最初に学ぶ講座になります。
syoninsyakensyu

高齢化が進む日本
今とても介護の仕事における人材が圧倒的に足りません。

高齢化にむけ介護の仕事に従事する人材が必要とされています。

  • 介護の基本について学びたい方
  • 将来的に介護業界に転職したいと考えている方
  • 介護の仕事に就きたい方
  • 将来のために介護の資格(介護職員初任者研修)を取得しておきたいと考えている方

こちらから無料資料を請求してください→介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) を最短最安で取得

介護の講座、スクールをお探しの方こちらから通いやすいスクールを
確認の上無料の資料請求をしてください♪
介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を学ぶ 介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)資格を取得

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)思い立ったらすぐに学ぼう

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)は比較的取りやすい資格です。

未経験でも取りやすい!

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)は介護の事は何もわからなくてもOK
未経験の方でも取得しやすい資格です。
将来的に介護の仕事に興味がある方転職を考えてる方はまずは無料の資料請求してください

働き方が幅広い介護業界

介護の仕事は仕事が大変というイメージがつきまといますが働き方はアレンジ自在です。
育児や、他の仕事と並行して、パートタイムで、派遣社員として もちろん正社員として

自分の時間を大事にした働き方が選べるのもポイントです。

どのくらい費用がかかるの?
講座費用の相場は、最安2万円台~15万円となります。
価格は非常に気になる点ですがスクールによって資格取得後の就職バックアップの有無、
夜間のスクール、昼間のスクール、通信メインのスクールなど通いやすいスクールを選びましょう
まずは資料請求をして比較することをおすすめします。
こちらから資料を無料請求してください→介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) を最短最安で取得

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)資格取得までどのくらいかかるの?

通学講座の場合、通学日数は平均29日程度で、かかります。毎日通うことが可能であれば、1ヶ月から1ヶ月半、週2回程度で4~6ヶ月位で取得することができます。

通信講座(自宅学習+スクーリング)の場合、平均的な学習期間は、3ヶ月程度となりますが、短期集中の講座であれば最短3週間での取得も可能です。

介護業界に転職したい 正社員として働きたい ブランクがあるが資格を取得して働きたい
介護を知識として学びたい方におすすめです。

初講座スタートまでの道

< まずは一括資料請求→講座の費用や通学場所などを比較検討→スクール申し込み となります ヘルパー2級が「介護職員初任者研修」に移行されました。 既にホームヘルパー2級の資格を取得している方は「介護職員初任者研修」終了とみなされます。 日本の高齢化は想像以上急速にすすむ高齢化に介護の資格はもっていて損のない資格といえます。


退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率的な仕事を希望」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と表現するとイメージは悪くありません。たとえ資格理由がネガティブなものも言い方によっては、ポジティブに感じさせるられるようになります。履歴書の書き方は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。人材紹介会社を使ってうまく介護職員初任者研修の講座できた人も増えています。自分だけで資格活動を行うのは、辛い気持ちになることも多いです。うまく行かない事が続くと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。介護職員初任者研修の講座の際、不動産業界に職を求めようと思っているのであれば、第一に老人ホーム資格を取られることが先決です。老人ホーム資格なしでは、就職することが困難な企業も見受けられます。業務内容によって必要とされる資格も変わりますので、業種にあわせた資格を介護職員初任者研修の講座前に取得しておくことは良いアイデアだといえるでしょう。面接する際の身だしなみには返す返すも注意しましょう。清潔感漂う服装で面接に挑むことが重要な点です。平常心ではいられないと思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。面接の時に問われることは決まりきっているものなので、予め答えを準備しておくことが大切です。第一に、どうしても資格しようと思った理由を思い出してください。正直に話すわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現方法を工夫してください。資格理由の部分が長いと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、なるべく短くなるように気をつけましょう。

関連記事